from Germany
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いったい誰が犯人なのか
倒錯のロンド
倒錯のロンド
折原 一
私はこの折原一の小説が好きで良く読みます。これはフジテレビの笠井アナと同じなんですよー。ちなみに、彼は折原一の本はすべてハードカバーで買ってるとか。折原一の小説ではいっつも誰が犯人なのかわからないまま最後まで翻弄されちゃうのよね。叙述トリックというらしい。この小説もそうでした。この「倒錯のロンド」はシリーズとなっていて、どの本もすっごく面白い!このどきどきハラハラにハマったら、折原一作品を読みあさりたくなるはず。彼の本は、装丁や、中の文章のレイアウトも凝らしてある場合があって、それも面白いです。実は昨日読み終わったのはこの「倒錯のロンド」ではなく、「望湖荘の殺人」という本だったのだけどこれが私の期待を反して最後の結末がちょっとなーというもので。折原作品なら、もっとすごいのあるのになあ、とがっかりしたところだったのです。
よんだほん comments(3) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








最近江戸川乱歩を読んでるんだけど、推理小説は面白いねー。
ちょっとグロイとこ多いけどね。
折原一興味ありです!おすすめ教えて。読んでみます〜。
from. やすえ | 2006/10/24 13:20 |
お久しぶり!最近なぜかまたモンスターにはまっているよ、、
折原一、前にセーラ号借りて面白かったから他も読みたいーんだけど、
なかなか本屋で探せないんだよね、、、出版社どこなのかな。
from. ぱるか | 2006/10/24 14:00 |
やすえさま>
折原一はTお父さんにもおすすめしたけど、怖い!って言ってた気が。
たくさん死んじゃうからね。
おすすめは近々またアップするよー。
むしろどんどんおすすめしたい。
折原作品すべてレビューしちゃうか。
ひとまずこの倒錯シリーズをはじめから読んでみては???

ぱるかさま>
お久しぶり!相変わらず忙しいの?
そだねー。小さい本屋だとあんまり無いよね。
私は大きい本屋かアマゾンで買ってたよ。
でもファンは沢山いるらしく。
新津きよみが彼の奥さんですよ。
from. yagiko | 2006/10/24 16:24 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
推理小説家志望の青年が、 新人賞に応募する為に書いた 渾身の作品の原稿が親友の 手違いで盗まれた。 青年は親友を責めながらも、 なんとか気持ちを取り戻し、 再度、執筆に取り掛かり、締め切り間際で完成させた。 しかしちょうどその頃、親友が自宅事務所で
| 相棒好きの社長のブログ | 2006/10/23 19:36 |
<< NEW | TOP | OLD>>