from Germany
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
部活4(ひとり)「手作り水餃子リベンジ」
料理部員が日本帰国したため、私1人の活動です。食べるほうの部員はまだ2人いるので試食は3人です。初めての部活で作った水餃子をまた。今度は皮が破れることもなく、大成功〜。手際も良くなったはず。しかし、「包み作業」は時間がかかる。具にチンゲンサイを入れたら美味しかった!

[メニュー]
水餃子 30個、海老ともやしの炒め、揚げインゲン、ごはん、そしてやっぱりビール
ぶかつ comments(2) trackbacks(0)
部活3「居酒屋パーティー」
「美味しんぼ倶楽部 in Frankfurt(仮)」の活動。今回は日本の味に飢えてる人々を呼び、居酒屋ユカコ(料理人二人の名前を合体)を開店しました。居酒屋的メニューっていろんな種類があると楽しいよねってあれこれ作りましたが、一人では絶対作りません。倹約命の私と友達Tちゃんはたった8ユーロ(コメ、調味料のぞく)で6人前の居酒屋料理を作り上げました。

この日のメニュー:なす田楽、揚げ出し豆腐、野菜の揚げ浸し、もやし肉味噌炒め、冷や奴、ちゃんと出汁を取って作った出し巻き卵、ポテトモチ、かにのみそ汁(福井土産のインスタント)、漬け物チャーハン。

ちまちましてて作るのに結構時間かかったのに、腹ぺこ男子たちは15分で平らげた。美味しかった〜。これは先週の話。
ぶかつ comments(0) trackbacks(0)
部活2「麺作り:本格担々麺」
第二回「美味しんぼ倶楽部 in Frankfurt(仮)」の活動がありました。今回は麺から作る担々麺(汁なし)です。

[ メニュー ]
担々麺のみ。自家製ラー油のたれでいただきます。

ラー油自家製。しかし、これがまさに試食時に大波乱を呼ぶとは誰も想像しませんでした。唐辛子を油で煮て作るのですが、その辛パワーはさすが中国三千年の歴史というスケールで、たったスプーン一杯かけただけで口から火。Pは警戒心まるで無しで3杯かけて、声が出せなくなり「なんか耳が聞こえない!」って大騒ぎ。神経を麻痺させる辛さです。試食部員のもうひとりの男子はむせ返り、料理制作部員の女子も鼻水が止まりませんでした。

手作りの麺(まさにテレビで見かけるように、麺をみょーんとのばして作ります。)は、つるつるもちもちしこしこで、しかも結構簡単に出来ちゃうのでびっくり。食べ進むにつれて後を引く美味しさ。最終的には辛さに負けて湯を注いだら汁有り担々麺になり、普通に美味しかったです。試食時に大騒ぎだったので、写真を取る事をまた忘れてしまいました。「辛いもの食べて死ぬってことあるっけ?」から発展し「気絶したら救急車呼ぶ時、辛いもの食べ過ぎたって言うしかないね!」など話し合いました。ある意味、友達と集まって食べるにはかなり面白い食べ物でした。ただし、たれを日本人向けに調整する必要ありですが。

追伸:フランクフルトでも桜が満開です!
ぶかつ comments(4) trackbacks(0)
部活1「皮から作る水餃子」
第一回「美味しんぼ倶楽部 in Frankfurt(仮)」の活動がありました。といっても部員2人ですが、私入れて。そんで、食べる役が4人です。私入れて。初めての今回は、「皮から作る水餃子」でした。

[ メニュー ]
水餃子 60個
空芯菜の炒め物
杏仁豆腐

肉はカウホフというデパートに売ってる肉汁たっぷりのひき肉を使用。激うまでした!!!餃子は手作りに限るね。皮もちもちだし。簡単だし。しかも、部員同士で作るのはなかなか楽しい。これからは月1ペースで、美食を追求したいと思います。
P採点:8.5点 Y採点:10点(もうひとりの食べ役のY氏は評価が甘いです)

※デジカメが壊れたので写真なし。残念!これからのブログ更新もどうしよー。
ぶかつ comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |